電話・相談

0120-322-021

無料査定依頼

無料査定依頼

無料査定依頼

LINEで相談

新着情報&ブログ

不動産売却にかかる費用①

不動産売却にかかる費用①

不動産を売却して、売った金額が丸々手元に残るなら万々歳ですが、基本的には全額残ることはほぼありません。不動産を売却するにあたって、様々な費用がかかるからです。

そこで、今回は【不動産売却にかかる費用】についてお話しします。

 

大きく分けると次の5つがあげられます。

 

 ①不動産会社に支払う仲介手数料

 ②譲渡所得税

 ③登記費用

 ④売買契約書に貼付する印紙代

 ⑤その他必要に応じて支払う費用(引越しや測量)

 

今回は「①不動産会社に支払う仲介手数料」について詳しくお話ししていきます。

 

 

≪仲介手数料とは≫

売却を依頼する不動産会社に支払う手数料です。不動産会社が仲介に入ると、不動産会社がチラシを作成したり、ネット掲載するなどし、購入希望者を募ります。希望者が現れれば物件を案内し、契約に至れば必要書類を準備し、購入に至るまでの仲介をすべて執り行います。そして、売主から仲介手数料を受け取ることで、不動産会社の仕事が成り立ちます。

ただし、この仲介手数料は成功報酬のため、売買契約が成立して初めて発生する費用になりますのでご安心下さい。

 

 

≪仲介手数料の上限額≫

仲介手数料の金額は法律によってその限度額が決められていて、その金額は売買価格によって決まります。決められているのは上限額のみで、下限額は設定されていません。不動産会社は原則として、上限を超えて請求することはできないようになっています。

 

 

【 売買価格 】           【 仲介手数料の上限 】 

200万円以下の部分       →  売却価格×5%+消費税

200万を超えて400万以下の部分 →  売却価格×4%+消費税

400万円を超える部分      →  売却価格×3%+消費税

 

 

このように、細かく分かれていますが、400万円を超える物件に関しては、次の速算式を覚えておくと便利です。

 

【 売買代金×3%+6万+消費税 】

 

例えば、売却価格が3,000万円の場合、

 

3,000万円×3%+6万円=96万円

96万円×1.1=105万6,000円 ※2023年1月現在

 

105万6,000円が仲介手数料となります。

 

 

≪仲介手数料を省きたい≫

結構かかるな…と思われましたか?この部分、なんとか省けないのかな…と思われた方。方法はあります。それは…

 

何とか自力で買主を探す

 

これです。個人間での売買も可能ですので、自力で買主を見つけることが出来れば仲介手数料は払わなくて済みます。ただ、個人間での不動産売買は、後々トラブルになりがちなので注意が必要です。土地の境界や、埋設物など、きちんと事前に土地の調査を行う必要があります。不動産会社が間に入っていると、そういったトラブルは避けられるので安心ではありますね。

 

今回は、仲介手数料についてお話ししましたがいかがでしたでしょうか。

次回は「②譲渡所得税」についてお話しします。是非ご覧ください。

 

不動産に関するご相談、査定は無料で行っております。

熊本市の空地、空家、マンションの売却は株式会社すいぜんじ公園前不動産までお問合せ下さい。