電話・相談

0120-322-021

無料査定依頼

無料査定依頼

無料査定依頼

LINEで相談

新着情報&ブログ

離婚と不動産①

離婚と不動産①

今、日本での離婚率は3組に1組と言われています。不動産の売却依頼をされる方の中にも、「離婚」を理由にご相談にいらっしゃる方も多いです。

 

今回は、離婚と不動産がどのように関わってくるのか、物件をどのようにしたら一番良いのか、皆様の参考になるようなお話しができればと思います。

 

 

まず、離婚が決まった場合、所有している不動産に次のような問題が発生する可能性があります。

 

問題①:財産分与の問題

問題②:住宅ローンの支払い

問題③:誰か住むのか住まないのか

 

 

夫婦で築いてきた財産であるマイホーム。これをどうしていくのかが問題になります。一つずつ見ていきましょう。

 

 

≪財産分与とは≫

 

財産分与の対象になる不動産はどんなものかというと、夫婦が婚姻中に購入したマンションや一戸建てが対象になります。結婚前にどちらかが所有していたものや、相続してどちらかが得た不動産は財産分与の対象にはなりません。

 

 

≪住宅ローンの返済≫

 

離婚をしたときに複雑となるのが住宅ローンの問題です。婚姻中の共有財産にはプラスの財産だけではなく、マイナスの財産も含まれます。共有名義だった場合はもちろんそれぞれに負債を抱えますし、どちらかが連帯保証人になっている場合も離婚を理由に連帯保証人から外れることはありません。

また、どちらか一方が所有する名義だったとしても、共有財産は財産分与では平等に振り分けていきます。

 

 

≪どちらが住むのか≫

 

離婚後お互いがどこに住むのかも問題ですね。

住む場所が変わると、通勤・通学に支障が出たり、近隣との環境も大きく変化するので覚悟が必要になります。名義人しか住む権利はないのか、母子だけでも住めるのか、どちらとも住みたくない場合はどうするのか、など、様々な疑問が出てきます。

 

 

これらの問題を実際にはどのように対処していくのか、次回は具体的なお話をしようと思います。是非ご覧下さい。

 

 

不動産に関するご相談、査定は無料で行っております。

熊本市の空地、空家、マンションの売却は株式会社すいぜんじ公園前不動産まで

お問い合わせ下さい。