電話・相談

0120-322-021

無料査定依頼

無料査定依頼

無料査定依頼

LINEで相談

空き家で・空き地でお困りの方へ

  • トップ  >  
  • 空き家で・空き地でお困りの方へ

空き家・空き地の問題を解決いたします

少子高齢化が進む日本において空き家・空き地が深刻な問題です。空き家を放置し続けると近隣トラブルや資産価値の低下、増税や犯罪といったリスクを発生させる可能性があります。熊本市の不動産会社「すいぜんじ公園前不動産」が空き家・空き地を放置するリスクやさまざまな活用方法について解説いたします。

空き家のこんな悩みございませんか?

空き家のこんな悩みございませんか?

  • 相続した実家を数年放置してしまっている
  • マンションを相続したがどうしたらいいかわからない
  • 賃貸アパートを相続したが経営が難しくて困っている
  • 親が施設に入ったが実家はそのまま残すべきか迷っている

空き家・空き地でお悩みの方は年々増えています。管理が難しい、ランニングコストがかかる、経営の方法がわからない、といった方は当社にご相談ください。

空き家・空き地の現状について

空き家・空き地の現状について

少子高齢化が進む日本において空き家問題は深刻化しています。日本国内には全住戸のうち約13.5%となる800万戸以上の空き家が存在するとされています。わかりやすく言えば、10軒に1軒以上は誰も住んでいない空き家として放置されてしまっているのです。

「親から実家を相続したがどうしたらいいかわからない」そのようなお悩みを抱えつつ、空き家として放置されているケースはとても増えています。

「思い出のある家」「遠方に住んでいて管理できない」「リフォーム資金がない」「活用方法がわからない」このような理由で空き家を抱えてしまうことは決して珍しくないのです。

少子高齢化が進む現代において、空き家はこれからも増え続ける可能性は高いでしょう。誰にでも起こり得るものであり、深刻な社会問題となっているのです。

空き家を放置する危険性・リスク・デメリット

人が住んでいる住居と違い、空き家として放置し続けることはさまざまなリスクを生じさせます。建物の劣化はもちろんですが、倒壊による事故の発生や空き巣などの犯罪に巻き込まれるなどの危険性があるのです。空き家として放置し続けるのは所有者様にとってメリットはありません。デメリットを確認し、空き家をどうすべきか考えていきましょう。

建物の劣化が進みやすい

人が住まなくなった建物は換気がされずに湿気がこもります。そのような環境はカビやほこりを発生させるだけでなく、シロアリの温床となることもあるのです。また、管理されていない家は屋根や塗装も剥がれ落ちやすく雨漏りを発生させます。汚水が建物の内部に溜まり床や壁の劣化はもちろん、水道管などのライフライン設備の破損も引き起こすことでしょう。
そこまで劣化が進んだ家はそのままで売却することは難しいですし、リフォームするとしても多大な費用が必要となります。つまり、売るのも管理するのも難しい状態になってしまうのです。

資産価値が下がる

放置し続ける期間が長くなればなるほど建物の資産価値は下がります。家の種類によっても異なりますが、時間の経過とともに資産価値の基準となる「法定耐用年数」の上限に近づいていくためです。

建物の種類 法定耐用年数
木造・合成樹脂造り 22年
木骨モルタル造り 20年
鉄骨鉄筋コンクリート 47年
レンガ造り・石造り・ブロック造り 38年

適切な管理を行えば、資産価値は下がりにくくなります。もし管理が難しいのであれば、売却や解体を視野に入れましょう。

空き家・土地を有効活用する3つの方向性

空き家や空き地は所有者様にとって大切な資産です。そのまま放置し続けるのではなく、その資産の有効活用は、将来の幸せに向けてより良いステップとなることでしょう。空き家・空き地を有効活用する3つの方向性をご紹介します。

売却する 空き家・空き地を売却して現金化する方法です。不動産の状態によって、そのまま売却、建物を解体してから売るなどの方法があります。
賃貸等で活用する 空き家であればそのまま、またはリフォームして賃貸物件として活用します。空き地であれば駐車場やアパートを建設して活用可能です。
適切な管理を行う 資産価値の目減りを抑えるために管理します。ご自身での管理が難しい場合は不動産会社に管理代行を依頼することができます。

空き地・土地の活用方法

空き家・空き地にはさまざまな活用法があります。立地や地域特性、所有者様の希望に合った活用方法を選択しましょう。具体的にどのような活用方法があるのかご紹介します。

空き家の活用方法
賃貸運営 建物の状態が良ければハウスクリーニングのみでも賃貸物件として活用できます。収入を得られるだけでなく、住んでもらえることで劣化を進みにくくすることもできます。
リフォームして住居にする リフォームして自宅や別荘として住むことも良い活用方法です。また、リフォーム次第では賃貸や古民家カフェ等にも活用できます。
適切な管理 使う予定がないものの手放したくない、という場合は管理を行いましょう。ご自身での管理はもちろんですが、不動産会社に代行することも可能です。
売却 活用する予定が無いのであれば売却がおすすめです。不動産の状態によってはそのまま売却も可能です。築古物件などの場合は解体して更地にした方が売れやすいこともあります。
空き地の活用方法
建物を建てて賃貸経営 土地の上に賃貸用の建物を建築して賃貸経営する方法です。高額な初期投資が必要で立地・ニーズにもよりますが、長期的・安定的に収入を得られるメリットもあります。
駐車場・トランクルーム経営 初期投資を少なく抑えた土地活用法です。立地によっては早期に投資額の回収ができます。ただし、料金未払いや設備破損などのトラブルもあるので注意しましょう。
福祉施設を建築する 福祉施設は社会福祉法人の認可が下りれば固定資産税が非課税となります。少子高齢化の日本においては地域社会の貢献になりますし、ビジネスとしても良いでしょう。
商業施設を建築する コンビニなどの店舗は賃貸住宅と比べて賃料を高く設定できます。福祉施設のように固定資産税の優遇措置はありませんが、安定した収入を見込みやすいです。