電話・相談

0120-322-021

無料査定依頼

無料査定依頼

無料査定依頼

LINEで相談

高く売りたい方へ
【仲介売却】

  • トップ  >  
  • 高く売りたい方へ【仲介売却】

価格にこだわった売却なら【仲介売却】

不動産をなるべく高く売却したいとお考えなら仲介売却がおすすめです。売主様と買主様の間に不動産会社が立ち、売買成立をサポートいたします。売主様の希望を価格に反映できるため、価格にこだわってじっくり売却を進められます。熊本市の「すいぜんじ公園前不動産」が仲介売却のメリットや注意点、媒介契約の種類を解説します。

不動産でこんなお悩みございませんか?

不動産でこんなお悩みございませんか?

  • 転勤によりマイホームを売却したい
  • 子供が大きくなったので売却して新居を購入したい
  • ライフスタイルにあった場所に移り住みたい
  • 持ち家から賃貸に切り替えたい
  • 親と同居しようと想っている
  • 実家を相続したもののどうしていいか悩んでいる
  • 離婚のため住居を処分しようと考えている
  • 住宅ローンの返済が苦しいので売却したい
  • マイホームの資産価値を知りたい
  • マンション・アパートの経営が大変になってきた

不動産売却の理由は人によって全く異なり、物件の状態によっても最適な売却方法は違います。もし、上記のようなお悩みがあり「なるべく高く売りたい」とお考えでしたら、まずは仲介売却をご検討ください。

仲介売却について

仲介売却は不動産会社が売主様の代わりに売却活動を行い、買主様との間に入って売買を成立させる売却方法です。売主様の希望を反映しやすく、相場に合った価格でできる限り高く売却できます。

不動産会社は折込チラシや店頭広告、不動産ポータルやレインズへの登録などの販売活動を通して買主様を探します。買主様との条件交渉や売買契約書の作成も不動産会社が行います。税金に関するアドバイスなどもいたしますので、お気軽にご相談ください。不動産売却のご相談・査定から売却完了までは一般的に3ヶ月から半年程度かかります。

不動産会社に支払うのは仲介手数料のみです。実際に売却できた価格によって上限が定められています。また、成功報酬であるため、何らかの理由で売却をおやめになる、売買が成立しない場合は支払う必要はありません。

仲介売却のメリット

「価格にこだわって売れる」ことが仲介売却の最大のメリットです。不動産を市場に売出し時間をかけて買主様を探すことができるため、納得できる価格や条件で売却できます。

近年はインターネットの普及もあり、一昔前と比べて条件に合った買主様を探し出しやすく、リフォーム技術の向上を背景に、中古物件も良い状態にして売り出せるようになりました。そのため、仲介売却であってもスムーズ売却が進みやすくなってきています。

仲介売却ではほとんどのことを専門家である不動産会社に任せることができます。販売活動はもちろん買主様との条件交渉や売買契約書作成まで任せられるため、売主様の負担が少ないのも仲介売却の特徴です。

また、高く売りやすい仲介売却であれば、ローンの返済はもちろんまとまった資金を残しやすいのもメリットです。得られた利益は新居購入の資金や老後の蓄えなどに活用できます。

仲介売却のデメリットや注意点

価格にこだわって売却できる反面、売却できるまでには時間がかかることが仲介売却のデメリットです。

仲介売却は市場に売り出す方法で、買主様が見つかるまでは待たなくてはいけません。売却時期が読めないため、「まとまった資金をすぐに欲しい」という方には向かない方法です。たとえば、すでに新居を決まり売却代金を新居購入資金に充てようと考えている場合、相手方に待ってもらわなければならなくなります。

他にも、休日に内覧対応の手間が必要であることや契約不適合責任のリスクがあることなども仲介売却では覚えておくべき注意点です。

仲介売却はこんな方に向いています

仲介売却は時間がかかるものの、所有している不動産を高く売りやすいことが大きなメリットです。そのため、「納得できる価格で売りたい」「安売りなんてしたくない」という方に向いています。

仲介売却では売出し価格を売主様が決定できます。不動産会社の査定額を参考に担当者と相談した上で「納得できる」価格をつけることができるのです。そのため、仲介売却は不動産売却方法の中でも、売主様の満足度の高い方法であると言えます。

また、販売活動や条件交渉など専門的知識がないと難しい業務を不動産会社がすべて行ってくれる点も仲介売却ならではの特徴です。手間をかけずに良い条件・納得できる価格で売却したいという方はぜひ仲介売却を検討しましょう。

媒介契約の種類と違いについて

媒介契約には「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」の3種類あり、売主様が自由に選ぶことができます。それぞれ契約内容が異なりますので、以下でご確認ください。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

  一般媒介契約 専任媒介契約 専属専任媒介契約
複数社との契約 できる できない できない
直接取引 できる できる できない
業務報告の義務 なし 最低2週間に1回の報告 最低1週間に1回の報告
レインズへの
登録義務
なし 7営業日以内の登録 5営業日以内の登録
メリット ニーズのある物件ならば露出が増えるため売りやすい。 不動産会社のモチベーションが高く販売活動も費用をかけて積極的に行ってくれやすい。
デメリット 手数料を得られるとは限らないため、各社のやる気が衰えて販売活動に積極性がない場合がある。 一部、囲い込みをする業者も存在する。 自由度が低く囲い込みをする業者も一部存在する。
専任媒介契約と一般媒介契約、どっちが最適なの?

一般媒介契約は最も自由度の高い契約で、複数の不動産会社に依頼できて売主様ご自身でも買主様を探すことができます。複数社が宣伝するため露出が高くなりやすく、売れ筋の物件であれば売却しやすいでしょう。しかし、不動産会社にとっては競合他社が存在し、自社で売却できなければ手数料を得られない契約です。そのため、販売活動に費用をかけにくく積極的に行ってくれないことも少なくありません。結果的に、売却が進まない可能性があります。

専任媒介契約や専属専任媒介契約は、一般媒介契約と比べて自由度は下がります。しかし1社のみの契約となるため不動産会社のモチベーションは高く、費用をかけて積極的に販売活動をしてくれます。結果的に売却がスムーズに進む可能性は高いです。

もちろん、どの媒介契約にするかは売主様ご自身が判断されることです。担当者からに相談して話を聞いた上で、ご自身に合ったものをお選びください。

当社ではどのような契約であっても、売主様の心に寄り添いご希望に沿った売却ができるように全力を尽くします。いつでもお気軽にご相談ください。