電話・相談

0120-322-021

無料査定依頼

無料査定依頼

無料査定依頼

LINEで相談

ローン返済で困っている
(任意売却)

  • トップ  >  
  • ローン返済で困っている(任意売却)

ローン返済でお困りなら
【任意売却】

何らかのご事情でローンを払い続けられない、そんな時はなるべく早く熊本市の「すいぜんじ公園前不動産」にご相談ください。住宅ローンを滞納し続けると物件所有者様にとって不利になる競売が強制的に行われます。少しでも有利な条件で売却後の生活再建をスムーズに行えるよう、当社が任意売却をご提案いたします。

こんなお悩みございませんか?

こんなお悩みございませんか?

  • 会社が経営不振で収入が減りローン支払いが厳しい
  • 支払いできずローンを滞納してしまっている
  • 督促状や催促状が届き困っている
  • 先日、競売を開始する通知が届いた
  • ローンを支払えず自宅が差し押さえになりそう
  • 競売ではなく自分の意思で売りたい

収入の減少やリストラなど、住宅ローンの支払いでお困りの方はぜひ当社にご相談ください。ローンを滞納し続けそのままにしてしまうと裁判所により競売を始められてしまいます。当社では生活再建が難しい競売を避け、ご自身の意思で売却を進められる任意売却をご提案可能です。

任意売却をするメリット

任意売却は債権者の合意を得た上で、競売を避けて通常の不動産売却と同じ形で売却を進められる方法です。どのようなメリットがあるのかご紹介します。

  • できる限り高く売れる
    通常の不動産売却と同じ方法を取れるため、市場価格に沿った価格で売却できます。結果的に残債を多く減らすことが可能です。
  • プライバシーを守れる
    官報に掲載さ情報が公にされる競売とは違い、秘密厳守で売却を進められます。
  • 経費の心配をしなくても良い
    仲介手数料などの経費は債権者と交渉することで、売却代金から支払うことができます。
  • 返済計画を見直せる
    一括返済を求められる競売と違い、債権者と交渉することで返済計画の見直しが可能です。
  • 生活を再建しやすい
    債権者と交渉することで、売却代金から引越し費用等の当面必要となる費用を確保できます。
任意売却の注意点

競売は債務者だけでなく債権者にとっても前向きで良い手段であるため、多くの場合は合意を得られやすいでしょう。しかし中には任意売却に乗り気でない債権者もいます。少しでも心証を良くするためにも、督促状や催告状を無視し続けるのではなく、返済の意思があることを伝えることは大切です。

他にも任意売却では以下のような点に注意しましょう。

積極的に動かなければいけない 競売は債務者の入り込む余地がなく、裁判所がすべての手続を一方的に進めます。任意売却は物件をスムーズに売却するために積極的に債務者が動く必要があります。また、債務者との交渉も必要です。
実績のある不動産会社を選ばなければいけない 任意売却はタイムリミットがあるため、できる限り良い条件でスムーズに売却しなければなりません。そのため、実績ある不動産会社を選ぶことが大切です。

任意売却には「売却できる期間」

任意売却は競売と違って債務者にとって有利な面が多くあります。注意点に気をつけてスムーズに売却できれば、家を失ったとしても借金は限りなく減らすことができるでしょう。

ただし、任意売却には実行できるタイムリミットが存在します。競売が開始されて売れてしまうと、任意売却は行えません。目安となるのは滞納から数ヶ月程度ですが、競売開始通知が届いてしまった場合も任意売却によって対処できる可能性はあります。

「ローンの支払いが厳しい、滞っている」場合は少しでも早く当社にご相談ください。心に寄り添い、迅速な対応をいたします。

競売と任意売却の比較

※表は左右にスクロールして確認することができます。

競売 任意売却
売却価格 市場相場の5~7割程度で安く売却されます。 市場相場とほぼ同じ価格で売却可能です。
ローン残債 売却価格が安いため、残債もそれほど減らせません。 競売より高く売却できるため、残債をより多く減らせます。
残債の返済方法 多くの場合は一括返済を求められます。 交渉することで債務者の収入に見合った形に変更することが可能です。
プライバシー保護 新聞や官報に掲載されて情報が公になります。近所の方や友人・職場の人に知られる可能性があります。 秘密厳守で他人に知られないように売却を進めることが可能です。
引越し・その他費用の捻出 売却代金はすべて返済に充てられるため、引越し費用等の捻出はできません。 交渉することで売却代金から引越し費用等の捻出が可能です。
退去について 債務者の意思は関係なく、落札者の都合で強制退去を求められます。 買主様と交渉し退去日を設定することができます。
生活再建について 家がなくなり債務も多く残るため、生活再建は難しいでしょう。 引越し費用等が捻出され、債務を減らすことができ、返済計画も見直されたため、生活再建しやすくなります。

ATTENTION!離婚時の売却でローン残債がある場合

ATTENTION!離婚時の売却でローン残債がある場合

離婚時は財産分与のために住宅を売却することがほとんどです。その際、問題となるのが売却しても残債が残る「オーバーローン」のケースです。この場合、売却を進めることが難しいため離婚そのものも話がこじれてトラブルになります。

離婚時の売却でオーバーローンになる場合、まずは「債務者は誰なのか」「名義人は誰なのか」「離婚後どちらかが住み続けるのか」といったことをはっきりさせておくこととよいでしょう。
離婚に伴う不動産売却は名義人やローン残債などでこじれることが少なくありません。熊本市のすいぜんじ公園前不動産ならば、お二人にとって最善の方法を一緒になって考えることができます。ぜひお問い合わせください。