電話・相談

0120-322-021

無料査定依頼

無料査定依頼

無料査定依頼

LINEで相談

売っても住みたい
【リースバック】

  • トップ  >  
  • 売っても住みたい【リースバック】

売却後も住み続けられる
【リースバック】

長い月日をともに歩んできたマイホーム。事情があって売却するとはいえ「そのまま住み続けたい」とお思いになるのは当然のことです。もしこのようなご希望がおありでしたらリースバックをご検討ください。売却後も賃貸契約することでそのまま住み続けることができます。熊本市の「すいぜんじ公園前不動産」がリースバックについて解説します。

こんなお悩みはありませんか?

こんなお悩みはありませんか?

  • まとまった資金が必要だけど売却後も住み続けたい
  • 思い出の詰まった家から離れたくない
  • 売却後に子供を転校させるのが辛い
  • 引越ししたら売却事実を近所の人に噂されそう

このように「売却後もそのまま住み続けたい」というお気持ちは痛いほどよくわかります。実はリースバックという方法を使えば、ご自宅を売却した後でも賃貸として住み続けることが可能です。ご興味のある方はぜひ当社にお問い合わせください。

リースバックについて

リースバックとは売主様と買主様との間で賃貸契約を結び、物件売却後もそのまま賃貸住宅として住み続ける方法です。

リースバックを行えば、生活を変えることなくまとまった現金を手にすることができます。ローン残債や賃貸契約の内容にもよりますが、住宅ローン返済額よりも安い家賃で住み続けることも可能です。

リースバックには5つのメリットがあります

売却後もそのまま住み続けられる

リースバック最大のメリットは売却後も同じ家に住み続けられることです。

通常、マイホームを売却する場合、売却後には引き渡し後に引越ししなければなりません。しかしリースバックならば賃貸契約を結んでそのまま住み続けられます。お子さんの転校や親御さんの転勤は必要なく、これまでと変わらない生活を続けることが可能です。それでいて売却によりまとまった資金を得ることができます。

スピーディーな売却も可能

不動産会社が買い手となってリースバックを行えば、スピーディーに売却できます。仲介売却のように買主様を探す手間がかからないためです。

提示された条件や金額に納得されればすぐに売却し現金を手にすることができます。ケースにもよりますが、ご相談から売却までは数週間ほどです。

売却時の費用負担が少ない

通常の不動産売却ではさまざまな諸費用や税金がかかります。しかしリースバックの場合は各種税金や修繕費等を貸し手となる買主様側が負担します。家財保険は売主様負担ですが、全体的な費用は一般的な不動産売却よりも大幅に軽減可能です。

売却の事実を知られにくい

通常の不動産売却は引越しが必要であり、ご近所の方に家を売った事実を知られてしまいます。しかしリースバックならば、売却後もそのまま住み続けられるため、周囲の方に知られる可能性はほとんどありません。

将来的に買い戻すこともできる

リースバックは不動産売却方法のひとつですが、実は一定条件を満たすことで買い戻すことができます。収入が増えてから、子供が大きくなってから、などご自身の状況に合わせて買い戻しができる点は、他の売却方法にはないリースバックならではのメリットです。

リースバックの注意点

名義が変更される 物件の所有者として買主様または買い手となった不動産会社に名義変更されます。
売却価格が低くなる可能性がある 周辺相場よりも売却価格が安くなる傾向にあります。
家賃が高くなる可能性がある リースバックの場合、年間家賃は売却価格の8~10%が目安となります。地域にもよりますが、周辺の家賃相場より高くなる可能性があります。
再購入時に売却価格より高くなる可能性がある 不動産の価値が高騰した場合、再購入のタイミングで価格が高くなることがあります。
住める期間が設定されている リースバックでは「定期借家契約」になることがあります。普通借家契約と異なり更新を想定していないため、期間満了後には退去しなければならない場合があります。