電話・相談

0120-322-021

無料査定依頼

無料査定依頼

無料査定依頼

LINEで相談

相続でお困りの方へ

  • トップ  >  
  • 相続でお困りの方へ

不動産相続のお悩みは当社が解決いたします

高齢化や核家族化が進む現代の日本では、不動産の相続はとても身近で誰もが経験し、頭を悩ませることです。不動産は金融資産と違って分割しにくく揉めることもあるためスムーズに手続きを進めることが大切です。ここでは熊本市の「すいぜんじ公園前不動産」が不動産の相続、相続手続き、相続税、生前贈与について解説します。

相続のこんなお悩みございませんか?

相続のこんなお悩みございませんか?

  • 相続した実家を空き家のまま放置してしまっている
  • 相続したマンションには誰も住んでいないのでどうにかしたい
  • 両親からアパート経営を引き継いだものの管理が手間
  • 親が施設に入るので実家を処分しておきたい
  • 親が亡くなり実家や土地を引き継いだ
  • 実家を相続したが遠方に住んでいるため管理できない
  • 相続した物件や土地を活用してみたい
  • 相続した土地・物件の名義変更はどうすればいい?

少子高齢化かが進む日本ではここ数年、家・土地の相続や空き家・空き地に関してお悩みの方が増えてきています。不動産の相続は法律も絡んでくるため難しく感じられることも多いことでしょう。相続不動産のことでお困りなら、当社にお問い合わせください。

不動産を相続される前に抑えておきたいポイント

不動産を引き継ぐ方法には「相続」と「生前贈与」の2パターンあります。

「相続」とは被相続人がなくなった場合に、相続人である配偶者やお子さんまたは親戚などが財産を受け継ぐ方法です。「生前贈与」は生前にご自身の意思によって所有する財産を特定の方に分配・整理する方法です。

相続と生前贈与にはメリット・デメリットがあります。スムーズに財産を引き継ぐためにも、まずはそれぞれの特徴を理解することが大切です。

相続不動産を空き家・空き地として放置するリスク

「遠方に住んでいる」などの理由で相続した不動産を空き家・空き地として放置し続けるのことはおすすめできません。

たとえば住居の場合、人が暮らしていないと換気が悪くなるため、カビやほこりが発生しやすいですし老巧化しやすくなります。雨漏りやシロアリ被害、ライフライン設備の欠損なども発生しやすいでしょう。つまり、空き家の放置は物件の価値を下げてしまうことにつながるのです。実際に長年放置した空き家は老巧化が激しく、想像以上に査定額が低くなることも珍しくありません。

また、老巧化が激しく周囲の住民に危険をもたらす可能性があるような空き家は「特定空き家」に指定され、固定資産税が増額となるリスクもあります。

不動産相続のメリットとデメリット

資産を相続する場合、3,000万円までが控除されます。この基礎控除額を超えなければ相続税は発生しません。そのため、一般的な戸建てやマンション・アパートであれば相続税は非課税となる点は相続のメリットと言えます。

ただし、不動産は分割がしにくく相続人同士で揉めやすい傾向にあります。また、話し合いの結果、被相続人が希望していた通りの相続が行われない場合も。このような点は相続のデメリットと言えるでしょう。

不動産を生前贈与するメリットとデメリット

財産を所有する方が希望する形で財産を自由に分配できることが生前贈与の大きなメリットです。事前に分配を済ませておけば、相続で家族が揉める心配もありません。また、引き継ぐ財産が多い場合は、生前贈与することで相続税が軽減できます。

ただし、生前贈与には贈与税が発生します。税率は相続税よりも高いため注意が必要です。さらに、贈与を受けた側は不動産取得税や登録免許税の負担もあります。このような税負担のことも考えた上で生前贈与を行いましょう。

相続より生前贈与の方が向いているケース

所有されている不動産の価値が将来的に上昇を見込めるならば、相続より生前贈与の方が向いています。

贈与税は贈与するタイミングの価値を基準にして計算します。そのため、将来的に不動産の価値が上がったとしても追加で納める必要はありません。このケースで相続を選択した場合は、価値が上がったタイミングで計算されるため、税額が増える可能性が高いでしょう。

また、65歳以上の方が成人済みのお子さんに贈与する場合、「相続時精算課税制度」が適用できます。この制度では2,500万円までの基礎控除があります。また、相続発生時には、それまで支払った贈与税分の控除を受けることが可能です。

不動産相続時の税金について

不動産も大切な資産であり、相続により引き継いだ場合は相続税が発生します。相続税には基礎控除があり、超える場合はその額に応じた税率で課税されます。もし超えない場合は相続税を納める必要はありません。

相続財産の対象に注意

相続税には基礎控除額があり、相続人の人数に合わせて「3,000万円+(600万円×法定相続人数)」という計算式で算出されます。たとえば法定相続人が3人であれば4,800万円までが基礎控除額となるのです。

相続財産となるのは預貯金だけでなく株などの有価証券や貴重品類、土地・建物などの不動産まで資産価値のあるものすべてを含みます。不動産だけなら問題がないとしても、全ての資産を合算したら基礎控除を超えてしまう、そのようなことは珍しくありません。

相続が発生した場合はなるべく速やかに財産目録を作成して合計資産を把握しましょう。そして可能な限り相続税対策することをおすすめします。

相続税の支払いが難しい場合は売却も視野に

基礎控除を大きく上回る資産を相続する場合は、相続税額もかなり高額になります。税金は現金で納めることになりますので、手持ち資金がない場合は大変です。どうしても支払いが難しい、そのような場合は不動産を売却して税金の支払いに充てることも視野に入れてみましょう。

相続税の計算方法

相続税は以下の計算式によって算出します。

「相続税額=(遺産総額-基礎控除額)×相続税率-税額控除」

ややわかりにくい「遺産総額」「遺産総額」「税額控除」について以下で簡単にご説明します。

1.遺産総額に含まれるもの
  • プラスの資産
    預貯金や株などの有価証券、生命保険、不動産など価値のあるものをプラスの資産と言います。不動産については実勢価格の約70%となる相続税評価額で計算します。
  • マイナスの資産
    借入金や未払金などをマイナスの資産と言います。ローンを組んで購入した不動産の場合、ローン残債をマイナスの資産として計算します。
  • 非課税資産
    相続しても課税されない資産を非課税資産と言います。たとえば、墓地や仏壇など宗教的なものは非課税です。また生命保険金は「500万円×法定相続人」までが非課税となります。他にもさまざまなものがありますので国税庁のホームページ、または当社担当者にご相談ください。
  • 控除できる債務
    債務によっては遺産総額から控除できるものがあります。たとえば葬儀費用は控除可能な債務です。他にもさまざまなものがありますので国税庁のホームページ、または当社担当者にご相談ください。
2.基礎控除額について

相続税は相続した財産が国の定めた一定額を超えた場合に発生する税金です。基礎控除とはその定められた金額となります。

基礎控除は「基礎控除額=3,000万円+600万円☓相続人数」という計算式で算出されます。

3.相続税率は確認を

相続税は課税対象となる額に応じて税率が変動します。詳しい税率については国税庁のホームページ、または当社担当者にご相談ください。