電話・相談

0120-322-021

無料査定依頼

無料査定依頼

無料査定依頼

LINEで相談

売却の基礎知識

理想的な売却を実現するための基礎知識

不動産売却は大きな金額が動くお取引であるため、時間がかかり手続きも複雑なものです。そのため、理想的な売却を実現するためには正しい知識を身につけることが大切になります。ここでは、熊本市の不動産のプロ「すいぜんじ公園前不動産」が不動産会社の選び方や売却時にかかる費用や税金、査定のポイントや売却の流れをわかりやすく解説していきます。

理想的な不動産売却前のために知っておきたいこと

理想的な不動産売却前のために知っておきたいこと

不動産売却の理想のゴールは売主様ごとに異なります。納得できる価格で売りたい、期間にこだわって売りたいといった希望にできる限り近づけることが「不動産売却の成功」と言えるのではないでしょうか。理想とする形に近づくためには、不動産売却に関する基本的な知識を身につけることが大切です。売却時に覚えておきたいポイントを4つに分けてご紹介します。

Point1.パートナーとなる不動産会社を選ぶ基準

Point1.パートナーとなる不動産会社を選ぶ基準

不動産会社は売主様の大切な資産を預かり売却する責任ある役割を担います。そのため売主様が心から信頼できるパートナーでなければなりません。大切なパートナーを探すための基準をご紹介します。

実績のある会社である

不動産会社の業務は大きく分けて「不動産売買」と「賃貸紹介」の2つあります。このうち不動産売却の実績をより豊富に持つのは不動産売買業務をメインに行っている会社です。ホームページにも実績が公開されているはずですので、ぜひ確認しておきましょう。

販売活動が積極的である

実際に不動産の売却を行うのは不動産会社である以上、販売活動の内容が成否の鍵を握ります。できる限り良い条件で高く・早く売却するためには経験と知識を活かした積極的な販売活動が大切です。不動産会社に相談する場合は、販売活動の内容も確認しましょう。

じっくり話を聞き真摯に向き合う担当者がいる

売主様ごとに不動産売却を行う理由や抱えている不安、目指しているゴールは異なります。また、物件も似たような条件はあるものの全く同じものは存在しません。だからこそ、売主様のお話しをじっくり伺い、物件の特性を理解した上で販売計画を立てることが大切です。「話を親身に聞く」「真摯に向き合う」その上で理想実現に向けた戦略を立ててくれる担当者のいる不動産会社を選びましょう。

地元に密着して情報に精通している

不動産の本当の価値を判断するためには、相場やニーズを把握することが大切です。地域に根ざし、地元のことを知り尽くした不動産会社であれば、そのエリアに合った適切な提案ができます。地元に根ざし、その地域で実績を持つ不動産会社を選びましょう。

Point 2.売却・購入時に必要な費用と税金

Point 2.売却・購入時に必要な費用と税金

意外と見落としがちなのが、不動産売却時にかかる費用や税金です。実は不動産は購入時だけでなく、売却するときにもさまざまなお金がかかるのです。売却時に焦らないためにも、具体的にどのような費用・税金がかかるのかを事前に把握しておきましょう。

売却時にかかる費用・税金
印紙税 売買契約書に貼り付ける印紙代
仲介手数料 売却を依頼した不動産会社に支払う成功報酬
抵当権抹消費用 抵当権の抹消に必要な登記費用
表示登記費用 未登記の建物がある場合に必要な登記費用
地積更正・境界確定費用 土地を実測したり分筆したりする場合に必要な登記費用
譲渡所得税 売却により利益が出た場合に支払う税金
購入時にかかる費用・税金
登録免許税 不動産の所有権を移転する際にかかる税金
融資事務手数料 住宅ローンを組んだ金融機関に支払う手数料(ローン保証料、団体信用生命保険、火災保険料も含む)
仲介手数料 購入を仲介した不動産会社に支払う手数料
印紙税 売買契約書、建築請負契約書などに貼り付ける印紙代
不動産取得税 土地・建物の購入時に支払う税金
固定資産税・都市計画税 所有する不動産に毎年かかる税金

Point 3.不動産査定で評価されるポイント

Point 3.不動産査定で評価されるポイント

査定額は不動産会社によって異なります。しかし評価を決めるポイントはどの担当者でも同じです。土地・建物のどこを見て査定額を決めているのかを理解し、売却に活かしましょう。

査定の評価ポイント
立地・周辺環境 駅から近い物件は評価が高いです。また、スーパーや学校・病院などの施設が近くにあると評価が良くなります。
土地の形状。道路状況 長方形に近い形状の土地ほど評価が高くなります。土地と隣接する道路の向きや幅も評価のポイントです。
日当たり・眺望 南向きで日当たりの良い物件は評価が高くなります。集合住宅の場合、高層階で眺望が良いと評価が良くなります。
物件の状態 床・壁・屋根はもちろん、水道管などの劣化具合も見られます。撤去が必要な設備がある場合は評価が下がります。
査定評価をより良くするために
水回りの清潔感 キッチン・お風呂・トイレなど水回りの水垢やカビがひどい場合は評価が下がるかもしれません。査定前・売却前には清潔にしておきましょう。
ニオイの対策 生活臭やペットのニオイは嫌がられやすく評価を下げるポイントになるため、消臭対策を行いましょう。
インテリアのアピール インテリアが整っていると購入後の生活をイメージしやすくなり、内覧時にアピールしやすくなります。
査定の比較 複数の不動産会社に査定してもらい比較することで不動産の価値がより明確になります。
Point 4.不動産売却までの流れ
STEP
01
ご相談と査定のご依頼
まずは不動産会社に売却の相談と査定の依頼をしましょう。疑問の解消や地域の相場について知るために、どんどん質問してください。
STEP
02
物件調査と査定額の提示
不動産会社の担当者が売却予定の不動産を直接確認します。不動産の状態や周辺環境、地域相場やニーズなどさまざまな条件を加味した上で査定額が算出され、査定額が提示されます。
STEP
03
媒介契約の締結
提示された査定額や売却方法について納得できましたら、不動産会社と媒介契約を締結します。
STEP
04
売却活動の開始
提案内容に従ってチラシやインターネットの活用により宣伝を行います。内覧希望がある場合はその対応をします。
STEP
05
売買契約の締結
内覧や交渉の末、売主様と買主様が合意に至りましたら売買契約を締結します。
STEP
06
代金授受と物件引渡し
買主様から代金の支払いを受け、鍵を渡して物件を引渡します。
STEP
07
譲渡所得税
売却によって利益が発生した場合は翌年に確定申告を行って譲渡所得税を支払います。